イベント・募集情報 Event infomation

第17回『Child Issue Seminar』福岡開催のご案内

  • 2018.01.10 イベント by NPO法人 いるかねっと

     


     


    認定NPO法人3keysはこれまで児童養護施設や母子生活支援施設と連携した学習支援事業や、孤立・虐待などで頼れる大人がいない10代への相談窓口などを運営してきました。

    その中で、たくさんの10代が妊娠や性のことをひとりで抱えてていることや、
    妊娠に限らず孤立した子どもたちがインターネットや匿名の相談窓口に駆け込んでいることも実感し、この度、1月にはじめて福岡にてセミナーを開催することになりました。


     


     


     


    12月には大阪でも開催し、50人以上の方にお越しいただきました。https://www.facebook.com/npo3keys/posts/1749336381804156

    赤ちゃんポストに長年従事された田尻由貴子様を基調講演の講師としてお迎えし、妊娠・孤立などを取り巻く10代の現状について考えていきたいと思っております。虐待や孤立で苦しむ10代が、望まない妊娠や孤立出産、虐待の連鎖などによってさらに苦しむことにつながってしまう現状を少しでも改善・啓発していけたらと思っております。

    お忙しいかと思いますが、もしご都合よろしければぜひお越しくださいませ。またはじめての福岡開催でもありまだなかなか周知に苦しんでいる状況でもあります。少しでも多くの子どもの支援に関わる方、興味のある方に知っていただきたく、周知などもご協力いただけますと幸いでございます。

    ==================================
    17回『Child Issue Seminar』福岡開催のご案内


    「赤ちゃんポスト」から考える10代を取り巻く現状
    ~そして私たちにできること~
    ==================================

    2007
    年、熊本で赤ちゃんの遺棄事件が相次いだことなどから、親が育てられない赤ちゃんを匿名で預けられる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」が熊本市の慈恵病院に日本で初めて開設されました。開設当初は多くのメディアに取り上げられ、また賛否さまざまな意見が交わされました。20077月の開設から2015年度末までに預けられた命は125人になりますが、10年経った現在まで、同様の施設の2例目の設置はまだありません。

    認定NPO法人3keysでも、10代向け支援サービス検索・相談サイト「Mex(ミークス)」を運営するなかで、10代が抱えるさまざまな悩みが見えてきます。サイト内でも妊娠のカテゴリを検索されることは多く、特に抱え込みやすい悩みであることが分かっています。

    今回の基調講演では、「こうのとりのゆりかご」の開設から20153月の退職まで中心的にかかわってきた元看護部長の田尻由貴子さんをお迎えしました。慈恵病院では、妊娠などで悩む女性らのためにゆりかごの開設に合わせて24時間体制の電話相談を始めましたが、2007年度は501件だった相談件数は増加傾向をたどり、12年度には1000件、16年度には6565件に上り、10年間の合計は21279件となりました。「中学生だけど自分で育てたい」など切迫した内容や継続対応が必要な場合も多く、田尻さんは2015年に退職するまで、帰宅後の自身の携帯電話でも相談を受けてきました。

    この機会に、10代が抱えるさまざまな悩みに目を向け、10代に向けて私たちがに何ができるのか?を一緒に考えていければと思います。普段子どもに関わっている方々や、これから孤立した子どもたちに支援をしていきたいと思っているみなさまのご参加を心よりお待ちしております。




    <開催概要>
    福岡開催
    2018年1月18日(木)14:30~17:00
     14:00受付開始
    久留米大学 福岡サテライト(最寄駅:福岡天神駅/天神南駅)
    福岡県福岡市中央区天神1丁目4− 
    大丸福岡天神店東館エルガーラ 6F
    http://www2.kurume-u.ac.jp/jobnavi/acros.html



    参加費: 無料 (本イベントは独立行政法人福祉医療機構の助成事業となっております)
    定員: 60名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)



    <プログラム>
    第一部:基調講演
    講師:田尻由貴子(たじり ゆきこ)氏

    1950
    年、熊本県生まれ。国立指宿高等看護学校で看護師免許、熊本県立公衆衛生看護学院で助産婦・保健師免許取得。
    佛教大学社会福祉学科卒業。熊本県立大学大学院修了。熊本県菊水町保健師、町立病院総婦長を経て、慈恵病院看護部長、相談役。2007年に設置された「こうのとりのゆりかご」の運営の中心的役割を果たす。2015年スタディライフ熊本(生涯学習支援事務所)特別顧問。2009年、第1回ひまわり褒章受章、厚生労働大臣表彰。



    第二部:10代向け支援サービス検索・相談サイト「Mex(ミークス)」の報告
    発表者:認定NPO法人3keys(代表理事・森山誉恵および担当職員)

    認定NPO法人3keysは、2009年より児童養護施設や母子生活支援施設などに保護された子どもたちへの学習支援や、頼れる大人がいない10代のなやみの相談に応じてきました。そして、20164月に、10代が自分に合った支援サービスを検索・相談できるサイト「Mex(ミークス)
    」の東京版を立ち上げ、全国からのアクセスやニーズもあったことから20176月より、全国にエリアを拡大させました。

    2017
    10月時点で、全国の150の官民の子ども向けの支援サービスが掲載されており、月に1万人が利用している状況です。「死にたい」「子どもができたかもしれない」「学校に行きたくない」などの10代からの悩みが寄せられている中で、その背景に虐待や10代の孤立を感じずにはいられません。
    今回は、その「Mex(ミークス)」の立ち上げの経緯や、運営から見えてきた10代のニーズやサイトの利用状況のご紹介をさせていただきます。



    <申込み>
    申し込みはこちらからお願いいたします。
    https://ws.formzu.net/fgen/S30864570/



    ※Mex
    (ミークス)の掲載団体(行政/民間両方掲載できます)も募集しています。
    10
    代向けに支援や相談窓口を運営している方はぜひこちらもご覧ください。
    http://3keys.jp/entry


                            協力団体:NPO法人いるかねっと


     


     

あすみん夢ファンド

ご支援ありがとうございます